So-net無料ブログ作成

試験問題の分析 [基本事項]

明らかに問題の出題に傾向がある場合、その傾向を最大限に利用すべきですよね。


例えば、社労士試験では、問題の半分以上は過去に出題された問題と同じ論点(または関係のある論点)だそうです。


つまり、過去問について良く分析することが合格に直結するのです。


分析対象としては、論点・ジャンルなどの他に、問題形式もありますね。同じテーマでも問題形式によって点を取りやすかったり、取り難かったりします。もちろん、対策も異なってきます。


選択式なら、選択肢に騙されないような練習や、よくわからない問題で答えを絞り込む練習などが重要です。一方、記述式・論述式では、要点を過不足なく入れて解答文を書く練習が必須です。


分析は過去問集などの解説を参考にしてもよいと思いますが、必ず、自分でも納得しておきましょう。


 


nice!(2) 

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。